初心者のための納骨堂情報サイト

納骨堂の種類

納骨堂の種類 近年増えてきている納骨堂には、一人専用や複数入ることができるタイプがあって、ロッカー型や位牌型であったり、仏壇型や墓石型に自動搬送式ですとか、合祀型などの種類に分けることができます。
納骨堂のロッカー型の場合ですと、一人専用のスペースが確保されているものです。位牌型は、遺骨は別のところに保管されていることが多く位牌だけなのでスペースが少なくて済むでしょう。仏壇型とは、位牌と遺骨の場所が分かれている仏壇になり、遺影なども置くことができて一人だけではなく家族が入れるほどの広さが確保されているタイプになります。それから、自動搬送式というものは遺骨は見えない場所に収納されているものでして、お参りの際に専用のカードなどを使って自動的に参拝する場所まで運んでくれるというシステムになっています。
最後になりましたが合祀型ですけど、これは複数の方々と一緒に入るタイプです。納骨堂には、いくつかの種類がありますから事前に考えておきましょう。

今人気となっている納骨堂の特徴とメリットとは

今人気となっている納骨堂の特徴とメリットとは 納骨堂というのは個人や夫婦といった単位で遺骨を収蔵することができる納骨スペースで、ほとんどが室内に設けられています。
従来のお墓は遺骨を土に返していきますが、納骨堂は骨壺でそのまま遺骨を収蔵し、一つの建物の中に納骨スペースを備えているのが特徴です。
今までの日本は家族代々伝わるお墓がありましたが、近年は少子高齢化の影響でお墓の継承者がいなくなったり、お墓を持たないという考えの人が増えたことから納骨堂のニーズが高まってきています。

納骨堂の申し込み方法は自治体のものか寺院のものかによって異なります。
自治体の場合は本人の住民票や使用申請書・火葬許可証・印鑑などが必要となりますから、事前に公式サイトなどで確認しておくとよいでしょう。
寺院の場合は身分証明書や印鑑・火葬・埋葬許可証などが必要となる場合が多く、それぞれに手続きが異なりますから問い合わせて確認しておくと安心です。
また申し込むにあたっては宗旨・宗派を問うかどうかを確認し料金の確認も事前にしておきましょう。

新着情報

◎2019/6/27

納骨堂の選び方
の情報を更新しました。

◎2019/4/19

納骨堂の種類
の情報を更新しました。

◎2019/3/29

サイト公開しました

「納骨堂」
に関連するツイート
Twitter

【<目から鱗>ご遺骨整理・処分、ご遺骨はどこへ?】 kakuyasuso.jp/otoku/ikotsuse… ◇永代供養・一時保管・散骨されます。 ◇永代供養が、合祀墓・合同墓か樹木葬か合祀タイプ納骨堂へ:2万円~ ◇一時保管で手元供養 かお寺さんに一時保

納骨堂:寝ぼけた形而がカエルの歌を歌ってるんだけど、ゲロゲロにいくタイミングが分からないのか、ずっとクワ、クワ、クワ、クワっていってる。ベースでどうにか出来るものでもない…頑張れ

おかあを乗せて おとうの納骨堂へ行ってきました。 蓮の花が ありがたい感じ~ pic.twitter.com/MLrGol4d5u

返信先:@araiso_jp 無縁仏の納骨堂ですか?

返信先:@B61Mod11 数ヶ月分のお骨を一緒くたにまとめて納骨堂に納めますのだ

Twitter(僧)そない大したことを言わないソライさん@araiso_jp

返信 リツイート 46分前

お盆の話 親戚一同で祖父の納骨堂へ。 小さい子から順番ねー。 「じぶんでやるっ!」 ていうから、教えてあげてた。 お線香に火をつけて ここチーンして おててを合わせて… … 「いただきまーす‼️」 じいちゃん😂😂😂

完全に違う気しかせん納骨堂だし死んでる

返信先:@achacha0407 うちのうめしゃん、火葬終わっても納骨堂に入れる気にならず、いまだにうちにおります。 とことん一緒におって考えればいっかなーって思って。 母から「動物が死んだのをあんまり悲しんだらだめ、執着したらだめ」って言われたけど骨になってもうめしゃんはかわいいんじゃー!

Twitterさくら・モンゴメリ@sakura0011

返信 リツイート 12:14

エリザの最初と最後の背景がカプツィーナ納骨堂(マリアテレジアの棺の上の丸窓)なのたまらんー。墓場から起き上がってきて墓場に還る円環構造。そしてまた明日の夜も裁判官による尋問とルキーニによるエリザベートの人生の上演が始まる。 pic.twitter.com/VeMTHEBuky

【涙そうそうの「永代供養:合祀タイプ納骨堂」】 kakuyasuso.jp/nokotsu/nokots… ◇送骨(委託)納骨 :2万円~ 送料無料(着払い:お寺さん負担)、無料送骨キット付き、管理費・年会費不 要、宗派不問、全国からの受入れ可 ◇持込納骨