初心者のための納骨堂情報サイト

納骨堂にまつわる法律

納骨堂にまつわる法律 納骨堂は「墓地、埋設等に関する法律」の中で、他人の委託を受けて焼骨を収蔵するため都道府県知事の許可を受けた施設という定義が明確化されているのです。
そして、納骨堂を経営したいとお考えの方は都道府県知事の許可を受けなければならないと、「墓地、埋設等に関する法律」の10条により定めています。
基本的には、公益法人・宗教法人ですとか地方公共団体といった者が経営し、厳しい基準が設けられているのです。
さらには、経営者となる者は管理者をおかなければならないものでして、市町村長に氏名等の届け出をすることを義務付けています。
他にもさまざまな事が定められているのですが、これまでには納骨堂を利用したいとお考えの方が納骨を拒まれてしまったという事があります。
遺骨の収蔵を求められたときは、正当な理由がなく拒んではならないと定められているので覚えておきましょう。
納骨堂を経営する側も利用する側も、知っておきたいものです。

納骨堂はどんな扱いをされているのか確認しよう

納骨堂はどんな扱いをされているのか確認しよう 近年は高齢化社会に伴い、お墓についてどのように管理していくべきなのか予め家族間で相談しあっている家庭も少なくありません。
納骨堂に納めるというような家庭も増えつつありますが、実際の所はお墓とどのような扱いになっているのか良く分からないという方もいることでしょう。
お墓と同じように遺骨を納める場所という意味合いでは似ているのですが、納骨堂は法律上では扱いが少々異なってくる部分があります。
墓地埋葬法という法律がありますが、都道府県知事の許可を得ている施設として他人から委託された遺骨を安置する場所です。
そのため、経営するためには許可を得ていないといけませんから、もしもこれから自分たちのお墓をどうするのか考えているというのであれば、きちんと許可があるところを選ぶというのも大切な事となります。
いまや墓じまいなども多くある中で、これからもどんどん納骨堂のニーズは高まるでしょう。
安心して墓参にいける場所を自分たちで見極めてください。

新着情報

◎2020/1/23

いつまでも安置可能な納骨堂
の情報を更新しました。

◎2019/12/5

仏壇タイプの特徴
の情報を更新しました。

◎2019/9/25

納骨堂の手間
の情報を更新しました。

◎2019/6/27

納骨堂の選び方
の情報を更新しました。

◎2019/4/19

納骨堂の種類
の情報を更新しました。

◎2019/3/29

サイト公開しました

「納骨 確認」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@NullPointer_DX めるぽさんが仰るようなお寺さんがある事は父から聞いて知っていたので、先ずはお寺さんに確認をしてから…という事で父に電話をしてもらったところ、そのお寺は特にお金は発生せず電話だけで良いという事でした。ウチは納骨堂なのでお墓とはまた違うのかもしれませんがよかったです。

確認してきた。遺骨じゃなくて位牌のことだった。解体作業してる人が外国人だからよくわからなかったんじゃないかってことで落ち着いた。そこ間違える?いくら恨んでてもさすがに納骨まではしましたわ。引き取った位牌は家に置きたくないからお焚き上げに出します。最後の責任ですかね。どんまいだね。

今日のクレームがパワーワード過ぎて、笑ってしもうたやん。 『納骨堂行ってこい』 熨斗の掛け方とか、会社の方針だから文句言われても… 確認させてくれなかったくせにー💦

納骨堂:この間代々が『よく振ってからお飲みください』って飲み物の表記を確認して、ためらいなく飲み物の蓋を開けて、勢いよく振った。 大惨事になった

東早稲田公園から見ると古いフェンスと新しいフェンスで囲まれた向こうには やはり空き地が確認出来るが、此処は考えたら関係無いかも… 此処で人骨が出土したのは明白な事実だし。 現在は敷地内に納骨堂が存在するがこの日は休日だったので敷地内には入れ無かった (参考画像) pic.twitter.com/UpWwoU09Ru

納骨堂で初めてリハしました^_^ 素敵なグランドピアノもあってビックリ。 とても綺麗な場所で響きも良くしっかり確認が出来ました。 本番楽しみ。 ・ 写真は南大塚にある春樹。 いつの間にやらリニューアルされてた。 リニューアル後に初めて訪問 #南大塚 #ラーメン instagram.com/p/B7TSwt-JOmh/…

こういうのを見ると、この前愛猫の火葬をして綺麗な骨壷に入れてもらい、先日山の上にある景色が一望でき綺麗でとても親切な霊園と御縁があり、そこで骨壷を初めて開けるときちんと納められていたのも確認出来たし納骨も目の前できちんと行って頂けて本当によかったと思いました…

かせんさんの納骨ちかい!うひょー!ってなって日付確認したら用事がある日で納骨参加できない可能性w

Twitterきゅうぐう@乱モ-ド@akabe417

返信 リツイート 1/8(水) 23:06

去年都内で夫の親戚の納骨に立ち会う機会があり、なんか昔祖父を埋葬したときのやり方ってもっとワイルドじゃなかったっけと思ったので父に確認したところ、青森の納骨は骨壷なしで骨箱に直接骨を入れ、それを墓穴に直接バサバサ放り込む方式でした。東京では業者の人が穴の中に降りて骨壷を安置してた

返信先:@Prt79_ お墓の納骨棺は本来お骨を入れるところですから、 お骨以外のものを入れることができるかどうか、霊園管理事務所に ご確認されたほうがよろしいかと思います。霊園の規定で、禁止されて いるところもございます。 ohnoya.co.jp/faq/cemetery_t… コピーアンドペーストしました