初心者のための納骨堂情報サイト

納骨堂にまつわる法律

納骨堂にまつわる法律 納骨堂は「墓地、埋設等に関する法律」の中で、他人の委託を受けて焼骨を収蔵するため都道府県知事の許可を受けた施設という定義が明確化されているのです。
そして、納骨堂を経営したいとお考えの方は都道府県知事の許可を受けなければならないと、「墓地、埋設等に関する法律」の10条により定めています。
基本的には、公益法人・宗教法人ですとか地方公共団体といった者が経営し、厳しい基準が設けられているのです。
さらには、経営者となる者は管理者をおかなければならないものでして、市町村長に氏名等の届け出をすることを義務付けています。
他にもさまざまな事が定められているのですが、これまでには納骨堂を利用したいとお考えの方が納骨を拒まれてしまったという事があります。
遺骨の収蔵を求められたときは、正当な理由がなく拒んではならないと定められているので覚えておきましょう。
納骨堂を経営する側も利用する側も、知っておきたいものです。

納骨堂はどんな扱いをされているのか確認しよう

納骨堂はどんな扱いをされているのか確認しよう 近年は高齢化社会に伴い、お墓についてどのように管理していくべきなのか予め家族間で相談しあっている家庭も少なくありません。
納骨堂に納めるというような家庭も増えつつありますが、実際の所はお墓とどのような扱いになっているのか良く分からないという方もいることでしょう。
お墓と同じように遺骨を納める場所という意味合いでは似ているのですが、納骨堂は法律上では扱いが少々異なってくる部分があります。
墓地埋葬法という法律がありますが、都道府県知事の許可を得ている施設として他人から委託された遺骨を安置する場所です。
そのため、経営するためには許可を得ていないといけませんから、もしもこれから自分たちのお墓をどうするのか考えているというのであれば、きちんと許可があるところを選ぶというのも大切な事となります。
いまや墓じまいなども多くある中で、これからもどんどん納骨堂のニーズは高まるでしょう。
安心して墓参にいける場所を自分たちで見極めてください。

新着情報

◎2019/4/19

サイト公開しました

◎2019/3/29

サイト公開しました

「納骨 確認」
に関連するツイート
Twitter