初心者のための納骨堂情報サイト

納骨堂を利用するデメリット

納骨堂を利用するデメリット 納骨堂を利用するにあたっては、デメリットもあります。
通常のお墓では色々なものをお供えすることができますが、納骨堂の場合には制限が出てきます。
まず納骨堂は屋内にあるため、火のついたお線香をお供えするということが基本的にはできません。
食べ物やお酒も、場所によっては制限されることがあります。
また納骨堂では、遺骨を収蔵・管理してもらうために、運営団体と管理委託契約を締結する必要があります。
一般的には、33回忌までの契約をして、その分の管理費を遺骨を収蔵する際に支払うという場合が多いようです。
その場合、33回忌以降も契約を更新するのか、あるいは合祀墓とするのかを選択することになります。
合祀墓という選択をした場合は他の遺骨と一緒になるので、親族の遺骨のみに対するお墓参りをするということはできなくなります。
さらには親族の遺骨だけを移動するということもできなくなるので、合祀墓にするかどうかは慎重に考える必要があります。

納骨堂など終活に関する悩みを解決するサイト

納骨堂など終活に関する悩みを解決するサイト 葬儀・お墓・納骨堂・仏壇・相続など、人生の終末期に生じる様々な疑問や悩みなどを解決するサイトがあり、人気を集めています。
こうした終末期の終活にまつわる記事が随時アップされていたり、葬儀やお墓や納骨堂などの調べたいキーワードを入力すると、それに関することを簡単に調べることが出来るようになっていたり、使い易いサイトになっているのが大きな魅力のひとつだと言えるでしょう。
お問い合わせファームも設けられており、メールでお気軽に問い合わせが出来るようになっているのも高い評判を得ています。
近年の核家族化や少人数の家族化が増加している社会的背景に伴い、益々需要が高まっている納骨堂に関しても様々な情報を提供しています。
気になる費用に関して、費用が安い納骨堂を地方別に紹介している点も見逃すことが出来ません。
関東や関東など自分の希望の地方を選択するだけで、簡単に調べることが出来るようになっているのは嬉しいポイントです。

新着情報

◎2019/4/19

サイト公開しました

◎2019/3/29

サイト公開しました

「納骨 終活」
に関連するツイート
Twitter