初心者のための納骨堂情報サイト

今までは人が亡くなると、先祖代々や個々の墓の中に遺骨を納めて供養をするのが一般的でしたが、最近ではお墓を持つことで管理をすることが子孫に迷惑をかけるので、お墓を持ちたくないという風潮があります。
それでは遺骨はどのようにすればよいのでしょうか。
以前は一時的に遺骨を預けていた納骨堂が、最近は永久的に納める場所になってきてそのような場所に納めることで、管理のことを気にすることなく掃除をする必要もなく、室内にあることから天気に左右されないでお参りができるというメリットがあります。

納骨堂を利用するメリット

納骨堂を利用するメリット 納骨堂を運営するには、「都道府県知事の許可を受ける」ことが厚生労働省のお墓に関する法律の中で定められていて、一時的に遺骨を預かることを目的とした場合ではなく、継続的に預かるという場合は許可が必要になります。
納骨堂には仏壇型、ロッカー型、墓石型などのタイプがあり、それぞれに費用も異なりますが、その中に故人の遺骨を納めて管理や供養を委託するというものです。
同じようなものに「合同納骨塚」ともいわれる納骨方法がありますが、その場合は遺骨を骨壺から出して他の人の遺骨と一緒に納められるものなので、一人一人の遺骨を骨壺ごと納める納骨堂とは異なります。
そしてお墓のように個々の遺骨を供養できるという点に納骨堂のメリットがあります。

納骨堂を探すなら実際に見学してみるのがおススメ

納骨堂を探すなら実際に見学してみるのがおススメ 東京都などの都心部では、永代供養付きの納骨堂が増えています。
東京に地方から上京してきた人も多いと思います。
自分が亡くなった後に、お墓をどうすればいいか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。
地方までお墓参りに行くのは大変なので、家族に負担をかけてしまうことも考えられます。
そこで増えてきているので、機械式の納骨堂です。
駅から近い場所にあることも多く、お墓参りをしやすいというメリットがあります。
永代供養とは、お寺や霊園が家族に代わって供養してくれることをいいます。
7回忌や17回忌、33回忌などの法要が済んだ後は、永代供養墓などに移されることが多くなっています。
永代供養は、お墓を受け継ぐ人がいなかったり子供に負担をかけたくないという人が多く利用しています。
宗旨・宗派を問わず利用できるのも特徴の1つになります。
実際に納骨堂の利用を検討する場合には、実際に見学してみるのがおススメです。
施設はバリアフリーになっていることが多いですが、設備や雰囲気などには違いもあります。
高齢になると足腰が弱ってくることもあるので、自宅から利用しやすい場所を選ぶことも大切です。
最近では、自分が生きているうちに施設と契約する人も増えています。

納骨堂に関するお役立ちリンク

新宿で納骨堂を探す

新着情報

◎2019/6/27

納骨堂の選び方
の情報を更新しました。

◎2019/4/19

納骨堂の種類
の情報を更新しました。

◎2019/3/29

サイト公開しました

「納骨堂 運営」
に関連するツイート
Twitter

政府は、社会復帰促進等事業のうち以下のものを独立行政法人労働者健康安全機構に行わせるものとしている。 ①療養施設(労災病院)の設置・運営 ②未払賃金立替払事業の実施 ③被災労働者に係る納骨堂の設置・運営

仙台市議選6日目、今日も全力で頑張ります💪 ❤️実績③ペット納骨堂新設·駐車場増設🧡 「葛岡墓園内のペット納骨堂の駐車場が3台しかない。増設してほしい」との市民の声から平成25年、案内板の設置や設置から33年の老朽化した納骨堂の今後の運営も求め、平成28年に新設。駐車場も大きく改善17台に。 pic.twitter.com/cjkOp1UlCd

Twitterさとう和子仙台市議会議員@Kazuko_genki

返信 リツイート6 8/21(水) 5:04

続き3 ➡️忘却の彼方へと追いやる浅井教祖。詐欺師顔負けだ。 教祖の納骨堂建設のカラクリは穢れている。 一、顕正寺落慶式での発言を反故にしたことを会員にはバレないよう美化し、うやむやにする為 二、在家教団として不都合な寺院を廃棄処分出来るチャンスの為 三、組織運営に必要な財源作り ➡️4へ

Twitter破邪顕正(元顕正会)@yocchan8839

返信1 リツイート3 8/2(金) 9:43